生きがい情報士

高齢化社会で生きがいを支援

生きがい情報士は高齢者の方の生きがい作りを支援する方です。
日本では現在高齢化が進んでいますが、高齢者の方の中には老後の生きがいを見つけられずに生きている方も多くなっています。
そうした社会情勢に対応するため、生きがい情報士が高齢者の方の生きがい作りを支援する事によって、より高齢者の方が生き生きと生活できる社会を作る事を目的として設けられた資格です。
生きがい情報士は試験に合格すると活動できるようになり、様々な高齢者の方の支援活動を行っていきます。

これまでにも高齢者の方の支援はありましたが、生きがい作りというポイントに焦点を当てた仕事はこれまでにありませんでした。
生きがい情報士はこれからの時代にマッチした新しい資格として注目されており、今後もその活躍が期待されています。

生きがい情報士の仕事

生きがい情報士の仕事として現在あるものは、高齢者の方の生きがいのコーディネートです。
様々な生きがい作りのための情報を元にして、その方に合った生きがいを一緒に見つけて提案していきます。
その方の趣味、趣向などを聞き出し、それぞれの方に合わせた提案を行うために情報の検索と提案を行っていきます。
また、単に情報を検索するだけでなく、一緒に生きがい作りのためのプランも立てて、実際に一歩踏み出せるように支援していく事が仕事となっています。

また、コンピュータの利用促進も支援内容として挙げられています。
高齢者の方の中にはコンピュータが苦手な方もいますが、その利便性は非常に高く、高齢者の方への情報提供源としても非常に便利なものとなっています。
そのため有効活用する事で高齢者の方の余韻や新たな就労の道も提案する事ができるとして、積極的な利用が試みられています。
また、生きがい情報士の仕事はまだこれから広がっていく事も十分に予想されています。
あなた自身も新しい仕事を開拓していく楽しさも見つけられるはずです。

生きがいに関する豊富な学び

生きがい情報士のための勉強はテキストで行う事ができますが、知識や技術、実習と分かれています。
生きがい作りを目的として専門的な学びが行えるようにカリキュラムが組まれており、学ぶ事で一通りの生きがい作りに関する知識と技術を学ぶ事ができます。
トータルで180時間ほどのカリキュラムとなっており、しっかりと腰を据えて学ぶ必要がありますが、今後の活動の将来性を考えると投資する価値のある時間と言えます。
介護士の仕事を行っている方で生きがい情報士の仕事に興味を持つ方もおり、新しい仕事にいち早く取り組んでいきたい、高齢者の方を支えたいという思いを持つ方にはお勧めの資格となっています。

コメントは停止中です。