時刻表検定

鉄道好きな方にお勧めの資格

時刻表検定は検定好きな方、鉄道好きな方にお勧めの検定です。
元々は旅行会社などに勤務する方のための検定で、ツアーで鉄道を利用するために設けられた検定として1999年に始まりましたが、現在は鉄道ファンの方のための検定というイメージになっています。
鉄道の時刻表は非常に精密な仕組みで組まれています。
他の列車との乗り換えなどの連携を考えて組まれており、その仕組みは鉄道好きな方からするとたまらない魅力を持っています。
時刻表検定ではとても深い専門知識が問われ、鉄道好きな方の心をくすぐる内容となっており、検定に合格する事を一つの目標として勉強をする方もいます。
また、鉄道会社などには資格を持っていると転職などでの採用の際に有利に働く可能性もある資格です。

時刻表に関する問題

時刻表検定では様々な時刻表に関する問題が出題されます。
その問題の幅広さは時刻表を何気なく見ている方からするとこんな問題も出るのかというような深いものとなっており、高度な専門性を問われる内容となっています。
試験に必要な物としてJRの時刻表があり、試験月の最新のものを使います。
鉄道好きな方でも間違える事が多い問題が出題されており、その難易度に逆に認定に向けて熱意を燃やす方も多いです。
第1種と2種に分かれており、それぞれ得点によって級が分かれます。
点数は200点満点となっていますが、満点を取れる方はかなり少なく、非常に狭き門となっています。
1種では180点以上を取ると博士と呼ばれる認定となり、2種では160点以上を取ると3級がもらえます。
1種では119点以下、2種では89点以下を取ると不認定となり、不合格の扱いになります。

認定証について

時刻表検定では合格すると認定証が送付されます。
点数も合わせて通知されるため、次回の検定に向けて何点を目標にするかの指標とする事ができます。
認定証は鉄道ファンの方にとっては価値の高いものとなっており、特に博士の認定を受けた方の認定証はシルバーカードとなります。
時刻表検定は1999年からスタートしていますが、最初の検定で満点を取った方には旅行券も合わせて贈られました。
時刻表検定は転職などで有利になる事は現在は少なくなっていますが、趣味などで記載をする事で人柄を表現できるなど利点はあります。
趣味として受けるのもお勧めの検定で、誰でも受験する事ができるので、生涯学習としても魅力のある検定となっています。
定期的に検定を受ける事で点数を上げていく楽しみも他の検定にはないもので、長く楽しめる検定となっています。
少し変わった検定としてテレビなどのメディアで取り上げられる事も多い検定です。

コメントは停止中です。