シューフィッター

適切な靴を提案する専門家

シューフィッターは靴合わせと呼ばれる技術の専門家です。
靴もメーカーなどによって様々なものがあり、履く方の足の形などによっても最適な靴は変わります。
靴は毎日履いて歩くもので、人によっては長時間歩く方もいます。
また、健康のためにウォーキングを行っている方などもいますが、そうした方は靴もこだわって選ぶとその健康増進効果もアップします。
こうした事からシューフィッターがお客様に合わせて最適な靴を選ぶニーズが高まってきています。
靴が好きな方で、靴に関わる仕事がしたい方、靴を通して様々な方の役に立ちたいという方にお勧めの資格です。

資格は初級、上級、修士と分かれており、それぞれプライマリー、バチェラー、マスターと呼ばれています。
高いシューフィッターの技術を持つ方は富裕層などの方からも要望がある事もあり、高級志向の方にも需要の高い仕事となっています。

資格取得までの流れ

シューフィッターの仕事をするためには資格を取得する必要がありますが、資格取得には段階を踏む必要があります。
まずは申込みをします。
シューフィッターは専門知識が必要なため、テキストで勉強する必要があります。
テキストは申込みをすると郵送されます。
テキストが届いたらスクーリングを行います。
スクーリングで直接講義を聞いて学ぶ事でより深く理解する事ができ、理解のスピードが高まります。

また、テキストだけで自己流で学ぶよりも正しい知識を習得する事ができます。
スクーリングは初級では3日間かけて行われる形となっており、その時間に集中してシューフィッターとして必要な事を学びます。
学び終えたら課題を提出します。
課題の審査が行われ、合否判定も合わせて行われます。
合格したら合格通知が送付され、シューフィッターの認定となります。
シューフィッターの資格の有効期限は3年となっており、更新手続きを行うと継続して資格を保有する事ができます。
シューフィッタークラブという団体も設立されており、加入する事で更新料が免除されるという特典を受ける事ができます。

ランクが上がるほど高い技術に

シューフィッターはランクが3段階に分かれていますが、やはりマスターのクラスになると高いシューフィッティングの技術を持ち合わせています。
上級の方は足部の疾患などについても知識を得ており、調整用のパッド等を用いてより快適な歩行を実現できる調整を行う事ができます。
マスターの方は歩行障害の方などにも対応することができ、歩行分析についても理解を深めています。
また、オーダー靴の設計についても理解しており、お客様に最適なフィット感を実現するシューフィッティングを行う事ができます。

コメントは停止中です。