定年力検定

定年後を豊かに生きるための検定

定年力検定は定年を迎える方が、これからの老後の生活を豊かに生きるための知識を試す検定です。
老後の生活を豊かにするものとして大きなものに経済的な知識があります。
仕事も退職し、自分で自分を守っていく必要がありますが、こうした時に経済的な知識は大きく役に立ってくれます。
老後に必要な知識を図るための指標として設けられたのがこの定年力検定です。
定年力検定の問題に正解するための勉強をする事で定年力を磨く事ができ、老後の生活も安心して過ごす事ができるようになります。
最近では高齢の方でもまだまだ元気な方も多いため、老後の第二の人生を生きていくためにも必要な知識を問題として課しています。

試験は自宅受験となっており、気軽に受験する事が可能です。
受験資格に制限はないため誰でも受ける事が可能で、5000円の検定料が必要です。
生活、税金、保険年金、金融、相続という5科目があり、それぞれで20問の合計で100問構成となっています。
比較的問題量があるため全て正解するにはしっかりと勉強する必要があります。

また、自宅で受験する事ができますが、5名以上の方が受験する場合には会場で受験する事もできるため、試験の臨場感の中で受験したい方はお勧めです。
合格の基準は70点以上となっており、ハードルは比較的高めになっています。
自宅で受験する事ができるのできちんと勉強をしてから試験に臨めば高得点もできるようになっています。

合格後の道も

また、定年力検定は試験を受けて終わりではなく、定年力アドバイザー養成講座を受講する事ができるようになっています。
これは身に付けた定年力の知識を周りの方にも伝えていけるリーダーを養成するための講座です。
日本定年力検定協会という主催の協会がサポートしており、リーダー育成の講座を用意しています。

今後は定年後の経済的な知識はより必要になってきますし、周りの方に頼りにされる事は定年後の楽しみの一つになる可能性も大きいです。
定年力検定を受けた方にはそうした道が開かれています。
積極的に定年に近い年齢、もしくは定年を迎えていても学ぶ姿勢があるため、リーダーとして十分な資質を備えているのです。
勉強のためには日本定年力検定協会が発行している定年力検定というテキストが役に立ちます。
一通り勉強する事で定年力検定の対策にもなりますし、定年力を磨く事にも繋がります。

受ける動機は様々

定年力検定は仕事に生かすのではなく、定年後の生活に生かす事ができる知識を身につけられますが、申し込んだ方の動機は様々なものがあります。
知識を知らなくて悔しい思いをした、いずれ必要になる知識なので準備としてなど、多くの方に役立つ知識なので受けてみるのもお勧めです。

コメントは停止中です。