司法試験」カテゴリーアーカイブ

司法試験の重要性

Green19_taisyoku20141123133801500-thumb-1192x800-5724

司法試験とは

司法試験は弁護士、裁判官や検察官になるための登竜門となっております。
この試験にパスしなければこれらの職業に就く事は出来ません。

 

法曹界の一線で働く事が出来るための学識や応用能力を備えているか、しっかりと判定するための国家試験となっているので大変難しく、合格率は例年かなり低い事でも有名です。

 

法曹界で活躍するためには、なんとしても司法試験をパスしなければならないので、言うまでもなくとても重要な試験となっております。現在は法科大学院課程の修了者と、司法試験予備試験に合格した方対象に行われています。

 

我が国の国家試験の中でも最難関の試験と位置づけられておりますが、司法試験の合格は筋道を捉える事が出来れば単純です。
合格に向けて頼るべき優れた教科書をしっかりと探し出して、繰り返し読み込みを行って内容等を徹底的に身につける事が重要です。

 

もちろん過去問も覚えてしまうほど繰り返し解く事も重要になります。
決していくつもの教科書や参考書に手を出す必要はなくて、一つの教科書を徹底的に読み込んで理解して頭に入れておく事が大事です。

 

どんな問題が出るのか

司法試験に出題される問題というのは、教科書を隅々まで読んでみるとどこかに書かれている事が多いですね。
ですので教科書に加えて最新の判例や学説等カバーしきれない部分を、追加で勉強していき頭に叩き込んでいけば良いのです。

 

あくまでも基本書をしっかりと読み込んでいく事が礎となります。
以上からも分かりますように司法試験の合格のためには、何か特別なテクニックや裏技がある訳ではないのです。

 

基本書となる教科書や過去問を徹底的に繰り返し勉強し、問題を解いていく事がきわめて重要となります。

 

司法試験の中にある択一試験で高い得点率をあげるためには、ただ問題を解くだけでは不十分です。
基本書のどの部分に書かれているのか思い起こし、問題と基本書をつきあわせていく事が重要になります。

 

これは同様に論文試験に対しても言える事です。
論証に対する緻密さや自分の見解を提示する事ばかりに没頭しがちですが、その必要はなくてむしろその論点に対して、過去の判例や学説がどのように述べているのか、それらを利用する事によって問題解決がどのように出来るのか、筋道立てて論じていけば良いのです。

 

従って択一試験と同様に論文試験も一般的な教科書レベルで、十分に合格を狙う事が出来ます。
司法試験で得た知識というのは合格後、法曹界で活躍する上でとても重要な知識や見識の礎となります。

 

従って体系的にしっかりと学んでいく事が大事です。