ビジネス文書検定

ビジネス文書全般に関わる資格

ビジネス文書検定はビジネスに関する文書を作成する能力がある方に与えられる資格です。
ビジネス文書は他の文書とは異なった言い回しや構成をする事も多いため、注意するべきポイントが多くあります。

また、ビジネス文書と言ってもその種類は様々なものがあります。
それぞれについて違った注意点などがあり、それらを一通りきちんと学んでいる方はとても少ないです。
こうした文書の作成力を持っている証明になるのがビジネス文書検定です。
資格を持っている事で様々な文書を作成する事ができ、企業で作成する文書のテンプレートの作成などを行う事ができます。
また、他の方にも文書の作成方法をアドバイする事もできるため、様々な場面で活用する事ができる資格です。
研修などでも活用する事ができ、資格の活用の仕方はまだまだ広がりを見せています。

合格率は級によって異なる

ビジネス文書検定は3級、2級、1級という3種類に分かれています。
1級となるとかなりレベルの高い物になっており、専門性の高い文書の作成も行う事ができる力を持っている証明になります。
ビジネス文書検定は試験を受けて合格する事で取得する事ができますが、3級は約80%の合格率、2級は40%、1級では15%となっています。
3級は基本的なビジネス文書の作成のスキルを持っている証明になり、比較的多くの方が合格しやすくなっていますが、やはり2級や1級はかなりハードルも高く、持っていると専門的な仕事を任されるチャンスも企業によっては増えてきます。

ビジネス文書検定の内容

ビジネス文書検定は年齢制限はなく、誰でも受験する事ができるので資格を勉強して取ってみようと考えている方にもお勧めです。
試験の内容は表記技能、表現技能、実務技能という3種類になっており、それぞれ級に合わせて専門的な内容となっています。
合格の基準は試験の60%の正解となっており、他の試験の合格基準と同等のものとなっています。
年に2回実施されているので多くの方にチャンスがあり、1年の中で3級と2級を取るなど、頑張ればステップアップも比較的早く可能となっているのもメリットです。
上位の資格が早く取れればそれだけ活用できるチャンスも早くなり、メリットが大きくなります。

また、併願もできるようになっているので、より沢山受験したい方は利用するのもお勧めです。
級によって受験料が異なりますが、比較的安価な費用で受験する事が可能です。3級で2600円ほど、2級で3700円ほど、1級で4900円ほどとなっています。
併願するとより安く受けられるようになっています。
多くの方にチャンスのある資格なので受験を検討してみるのもお勧めです。

コメントは停止中です。