ファイナンシャルプランナー

お金の専門家の資格

ファイナンシャルプランナーは一言で言うとお金の専門家の資格です。
個人の方の資産の運用などを生涯を通して考えていけるようアドバイスを行います。
日本ではまだ多くの方が資産と言ってもあまりぴんと来ない方は多いです。
お金は貯金をするものと思っている方は多いですが、適切な運用方法や管理の仕方を検討する事でより良い資産の管理をする事ができます。
お金の専門家として知識を持ち、これを個人のお客様に対してアドバイスをしていく仕事です。

資格は幅広い活用の仕方ができるのもメリットです。
資格取得のための勉強をする事で、あなた自身の資産の管理もより良くする事ができます。
実際に学んだ事を自分に当てはめて活用し、その実体験を元にアドバイスをする事でより信頼性のあるアドバイスを行う事ができます。

また、資産運用の相談会などを各地で開き、相談に乗る事でお客様を獲得していく事もできます。
ファイナンシャルプランナーとして独立して仕事をする方もいますし、証券会社などに勤務してファイナンシャルプランナーの資格を取得し、より信頼性などを高める方も多くなっています。
現代では日本は年収が徐々に減少傾向にあると言われており、収入を伸ばすのに加えて、その管理や運用方法についても見直す意識を持つ方が増えてきています。
そうした時にファイナンシャルプランナーの資格はとても有利に活用できる資格で、今後も需要が見込まれる資格です。

女性にも人気の資格

ファイナンシャルプランナーは特に女性にも人気の資格となっています。
簿記なども女性に人気の高い資格となっていますが、簿記と同様お金の管理などにも直結するファイナンシャルプランナーは、女性にも向いている資格なのです。
男性と同じく証券会社に務めている方や、女性のためのファイナンシャルプランナーとして活動する方もいます。

幅広い活躍ができる資格で、取得がしやすいのもメリットです。
資格の中には難関として中々取得が難しいものも多くありますが、ファイナンシャルプランナーは比較的多くの方に取得しやすく、かつその費用対効果は大きな資格であると言えます。
資格を何か取りたいと考えている方が勉強を始めるにもお勧めの資格となっています。

ファイナンシャルプランナーの試験内容

ファイナンシャルプランナーはAFPは学科試験に加えて実技試験もあります。
さらにCFPと呼ばれる試験があります。
こちらはマークシート方式です。
実技試験では資産設計の提案を実際に行うという試験となっています。
AFPの学科は120分で60問、実技は90分で40問の試験となっており、財務や金融に関する様々な知識を問われる問題が出題されます。
CFPは2時間で50問となっています。
取得はしやすい資格ですが対策のための勉強はしっかりとおこなておく必要があります。
試験はAFPに関しては年に3回、CFPに関しては年に2回の実施となっており、チャンスも1年の中で比較的多くなっています。

コメントは停止中です。