行政書士

法律を専門にする仕事

行政書士は企業の書類などを代理で作成する仕事を行う方です。
資格が必要となっており、国家資格になっていますが、試験で合格するとなる事ができます。
最近では書類の作成業務からその認識が広がりつつあり、法律家としての役割をする事も多い仕事になっています。
書類作成の際に法律に注意して作成する事も多くあり、お客様に合わせた法律相談などを行い、法律がらみのトラブル回避のためのアドバイスを行います。
最近は企業間の競争も激しくなっており、法律を巡っての紛争などもニュースで耳にする事もあります。
そのため行政書士の活躍の場は今後も増えていく事が予想されています。

参考:日本行政書士会連合会
http://www.gyosei.or.jp/

2002年には行政書士法という法律の改正が行われました。
官公署に提出する書類をこれまで行政書士が提出する事は禁止でしたが、2002年以降は行政書士も代理人扱いで提出ができるように改正されました。
法律に関する資格のため、こうした関係の仕事に就こうと考えている方には転職などの際にもアピールにする事ができます。
最近は人気も高まってきており、試験の合格率が徐々に低下している傾向にありますが、だからこそチャンスも多い資格となっています。

年齢や性別、学歴問わず受験可能

行政書士の資格は誰もが取得する事が可能となっています。
法律に関する資格のため、豊富な知識が必要となる仕事です。
そのため試験も筆記試験となっており、記述式の問題も出題されています。
幅広い科目があり、それらを一通り学んでおく必要があるため、合格するには対策が必要になります。
取得を検討する際には過去問や問題集などで勉強をしていきましょう。
市販の問題集ではまとまったものが多く販売されているため、活用する事で効率よく学んでいく事ができます。

2006年からは出題傾向も変わり、基本法令という科目からの出題が増やされました。
今後も時代に合わせて問題の傾向が変化する事も十分予想されるため、近年の問題の傾向も合わせてチェックしておく事をお勧めします。
法律関連の知識だけでなく、一般教養に関する知識も必要となります。
一般教養といっても勉強しておかないと得点できない問題は多々あるため、十分に対策をしておく必要があります。

試験は年1回

行政書士の試験は年に1回11月に行われています。
年に1回しか取得のチャンスはないため、試験に向けてしっかりと対策していく事をお勧めします。
計画を立てて勉強する事できちんと取得できる可能性も高いので、今後行政書士の仕事をしていきたいと考えている方は検討してみるのもお勧めです。
また、受験には費用も必要となります。
こちらも時々変更になる可能性もあるため、確認して申込みをするようにしましょう。

コメントは停止中です。