秘書検定

秘書として必要な技能を有する証明資格

秘書検定は秘書の業務を行う技能がある事の証明となる資格です。
秘書は女性の方が行う仕事として憧れにしている方もいる仕事ですが、秘書の業務は多岐に渡ります。
上司の方のスケジュール管理や雑務、電話対応など、その都度臨機応変に対応する判断力と正確な業務が求められます。
勤務する企業の上司によってもその業務は変わる部分はありますが、大枠の部分では共通するものもあります。

そうした秘書としての基本業務を一通り行えるという証明になるものが秘書検定です。
文部科学省認定の資格となっており、公的な資格のため信頼性がとても高い資格です。
秘書は華やかで花形的なイメージを持つ方もいますが、実際の仕事は大変な事も多いです。
逆に、そうした仕事をそつなくこなせるような能力を持っている秘書の方はどの企業でも必要とされます。
企業の取締役の方など、地位の高い方の近くで仕事をする事もできる仕事のため、やりがいも大きな仕事です。
秘書として転職を検討する際にも役立ってくれる資格です。

誰でも受験する事が可能

秘書検定は誰でも受験する事ができるので、秘書として仕事がしたい方にはお勧めの資格です。
筆記試験と面接で判断され、実務経験がない方でも資格を取得する事ができます。
もちろん転職の際には実務経験がある方の方が採用される可能性は上がりますが、秘書としての経験がない方でも秘書検定を持っている事で秘書業務を一通り把握していると判断されるため、採用の可能性は上がりやすくなります。

筆記試験では秘書としての資質やマナー、接遇、一般常識、職務に関する知識などが科目として課されます。
試験のための勉強をする事で、秘書として基本となる項目を一通りマスターする事ができます。
全ての業務をカバーするには不十分でも、ある程度の基本の業務はカバーする事ができるようになります。
秘書検定は3級から2級、準1級、1級という4つに分かれており、まずは3級から取得する事が可能です。
その後レベルが上がるに応じて試験を再度受けてスキルアップしていく事ができ、あなたのキャリアアップにも役立てる事ができます。
申込みは年に3回募集されているため、比較的チャンスも多い資格です。

詳細も確認を

秘書検定を検討する際には詳細もよく確認して受験する事をお勧めします。
受験する級によって受験料も異なります。
上の級になるにつれてその料金も上がっていくため、確認しておきましょう。
1級で6000円ほどとなっているため、比較的安価に受験する事ができる資格です。
資格を取った後はそれをどのように活用していくかもポイントになります。
秘書として仕事をしていくビジョンを明確に持って、転職活動などに取り組んでいく事をお勧めします。

コメントは停止中です。