税理士

税務のスペシャリスト

税理士は比較的日常的によく聞く資格です。
税務に関するスペシャリストという位置づけの資格になっており、主に企業などの税務に関する業務を行います。
税務処理は企業によっては非常に複雑になり、時間と手間が必要になります。
こうした事を企業内で行っている企業もありますが、税理士に費用を支払って依頼して、他の業務に専念するという企業も多くあります。
企業内で行うにも、税務に関する事は抜けがあると重大なトラブルになる可能性もあるため、専門家である税理士に依頼しようと考える企業は多いです。
今後もますます税務に関する処理は多様で複雑化していく事が予想されており、需要も増えると考えられる資格です。

税理士は資格を活用して独立して仕事をする事もできますし、企業で税務の仕事をする事もできます。
独立して仕事をしている税理士の中には高収入の方も多いため、独立して高収入を目指したい方にもお勧めの資格です。

実務経験が必要

税理士になるには税務の実務経験が必要となっています。
その期間は2年間となっており、かなり長い期間となっています。
ですがこの2年間は資格を取得する後でも前でも可能となっており、実はアルバイトでも認められる形になっています。
簡単な仕分け業務などでも税務処理の業務と見なされるため、税理士を目指す方は税理士事務所でアルバイトをしながら税理士資格取得のための勉強を行うというのが一般的になっています。
税理士は企業からも頼りにされるため、高い立場で仕事を行う事ができます。
豊富な知識で企業をサポートし、高収入を得ていく事ができます。
また、企業をお客様とするBtoBの仕事をしたいという方にもお勧めの資格と言えます。

誰でもなりやすい税理士

税理士の資格取得のための試験を受けるためには学歴が必要となりますが、大学や短大、高校を卒業した方や、3年生以上の大学生が対象となります。
そのため対象の方は多くなっており、多くの方が税理士になる事ができます。
高卒でも良いため、大学を出ていなくても高収入を目指せる仕事でもあります。
税務に関する幅広い科目から出題されるため対策は入念に行う必要があります。
書店などに問題集が売っているため、活用して対策を行っていきましょう。

試験は年1回となっており、例年夏に行われています。
3日かけて行われるためしっかりとした知識の習得が必要です。
合格率は毎年10%程となっており、あまり高くはない数字です。
そのためハードルとしては高めの資格となっていますが、勉強をすれば合格できる可能性は高いので、諦めずにチャレンジしていく事をお勧めします。
一度取得すれば独立開業をする事もできるお勧めの資格です。

コメントは停止中です。